吸い玉

    HOME > 施術内容 > 吸い玉

吸い玉について

吸い玉を施術中の画像

吸い玉で期待できる効果

  • 血液浄化の促進
  • 血行を改善(冷え症・低血圧・高血圧)
  • マッサージ効果  (肩こり ・腰痛)
  • 内臓の活動を促進
  • 慢性疲労の改善 ・筋肉痛の緩和
  • アトピー性皮膚炎 ・花粉症の改善
  • 足腰のむくみ ・セルライトの緩和
  • デトックス(体内有害物の排出)の促進
  • 肌質の改善
  • 免疫力の向上
  • 自律神経の調整 ・ホルモンバランス調整の働きかけ
  • 生理痛、生理不順の改善
吸い玉を施術後の画像

吸い玉の特徴は血液浄化と血行の促進

血液が運び出す老廃物の大部分は腎臓で分離され、尿として排出されますが、皮膚からも汗や皮脂に混ざって排泄されます。しかし血流が滞ると、新鮮な酸素と栄養素が循環しにくくなり、その部分の細胞組織には二酸化炭素や老廃物が充満する傾向にあります。瘀血(おけつ)と呼ばれるそのような血流が滞った状態は、様々な不調を引き起こす原因となります。首肩のこり、腰痛、膝痛等の症状も、このような血流の滞りが原因の一つです。カッピング(吸い玉)療法はカップを経穴(ツボ)に吸いつけることで組織液(老廃物や二酸化炭素などを含む体液)を物理的に吸い上げ、血流の改善と老廃物の軽減が期待でき、新鮮な酸素と栄養素をもった血液の循環を促します。栄養素や酸素が細胞に行き渡りやすくなると、細胞組織の新陳代謝がスムーズになり、体温の上昇につながります。また、血管中のコレステロールなどが老廃物とともに軽減されることが期待でき、血管の硬化や血栓の予防にもつながります。

カッピング後の色素反応の画像

カッピング跡の色素反応

  1. 薄いピンク…血液の流れが良好な状態
  2. 紫…あまりよくありません。その場所に相当する内臓に機能低下が考えられます。
  3. 黒い紫…身体機能が相当弱っている状態
  4. 色が変わらない…一見健康な様に見えますが、これは脂肪が厚すぎるか、血行が悪すぎて反応がでないなど、実はこの反応が一番悪い状態と考えられます。

内臓機能低下の判別

吸い玉で、背中の経穴(内臓関連のツボ)に刺激を与えることは、消化器系の内臓に直接影響を与えるのではないかと考えられており、胃や腸の消化液の分泌を活発にして消化・吸収・排泄の機能を高めると言われています。皮膚表面まで引き出した瘀血(おけつ)の色と場所で、内臓機能の低下がどの程度あるか見当が付けられます。悪い色素反応が出た人も回数を重ねると色素反応の良好な状態、瘀血の症状改善が期待できます。色素反応の良好な状態は内臓機能が改善していると考えられます。

 

※腫れや傷がある場合は施術できませんのでご了承ください。体質により吸い玉跡に水疱ができる場合があります。

電話・メールで予約

電話は予約ダイヤル、メールは予約フォームで受け付けております。お電話は施術中の時など取れない場合がございます。ご了承ください。
ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

092-710-7740
メールで予約はこちらから

LINEの友だち追加で簡単予約

LINEからご予約が出来ます。
友だち追加後に、ご希望日時・施術内容・コース等を送信してください。
ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

LINE友達追加はこちらから
 
LINEのQRコード
ID:@j6382w