目の疲れにも鍼灸治療

朝起きて、携帯チェック、メール、スマホゲーム、PC作業、ネットサーフィンなど、私たちは常に目を酷使しています。

「疲れ目」「かすみ目」「ドライアイ」「目のピントが合いづらい」などの症状につながります。

VDT症候群(テクノストレス)というのをご存知でしょうか?

VDT症候群(テクノストレス)とは、パソコンなどのディスプレイ(VDT)を長時間使い続けたことにより、目や体、精神などに支障をきたす病気のことです。

VDT症候群(テクノストレス)の分類の中に、「テクノストレス眼症」があります。

ディスプレイの画面を集中して見ると、まばたきの回数が少なくなってしまい、目が乾燥してきます。

また、お仕事でのVDT作業では視線がディスプレイ、キーボード、書類の間を頻繁に移動し、より目が疲れやすくなります。

ディスプレイ作業を長時間されている方の6割以上が目の疲れやイライラ、肩こりに悩んでいるといわれています。

VDT症候群の症状がひどくなると目の症状だけでなく、手足のしびれ、肩こり、足腰の痛み、頭痛、めまい、身体のだるさ、不安、うつ状態、生理不順、流産がおこりやすい、など様々な症状へつながります。

 

早めに鍼灸を受けましょう!

↓↓

鍼灸治療の効果